MCH 支援サービス(MCHS サービス)のメリット

低価格の年額料金で最新機能を提供

「MCH支援サービス(MCHSサービス)」は、年額料金のライセンス使用料で最新の MICRO CADAM をご利用いただけるソフトウェア・サブスクリプション&サポート契約です。

製品のバージョン・アップごとにパッケージ・ライセンスを購入しなおす必要がなく、常に最新のライセンスを利用することができます。

年単位の契約ですので、ライセンスの稼働状況によってはご利用を一時休止または再開することもでき、再開時の復帰料もかからないためお客様のCADの使用状況に合わせた柔軟なライセンス運用が可能です。

mchs_sumy001

常に一定額の年額使用料

※途中解約して再契約した場合もペナルティはなく、再契約は自由に行えます。ただし、途中解約期間中はMCHSサービスで提供するモジュールはご利用いただけませんのでご注意ください。

古いバージョンでも追加料金なしでスタート

mchs_sumy1_1

過去に MICRO CADAM のパッケージ・ライセンスをご購入 いただいていれば、新規バージョンのパッケージ・ライセンスを再度ご購入いただかなくても、「MCHS サービス」のご契約 のみでお手持ちの MICRO CADAM 製品をより進化させることができます。
MCHS サービスでは、設計環境の変化によって発生する新しいオペレーティング・システムにも対応していますので、定期的に反映される機能改善や新しい便利な機能をお使いいただきながら、旧製品で作成された貴重な図面資産を活用できます。

Web 経由の専用 QA システムと豊富な FAQ

mchs_sumy1_3

MCHS サービスでは、日本のものづくりを知っているサポート体制で、お問い合わせ対応やリクエスト対応を行っています。出力環境の変更や OS 対応などの面でも、MCHS サービスへの 加入は、お客様にとって心強いサポート・サービスと高く評価 されています。

MCHS サービスに加入すれば、専用 Web から機能リクエストすることはもちろん、定期的に実施される拡張機能を盛り込んだ最新版のダウンロードや、豊富な FAQ をご覧いただけます。

MICRO CADAM を取り巻く周辺環境

mchs_sumy1_2

お客様を取り巻く設計環境は多様化してきています。 MICRO CADAM では、表データなど外部ソフトとの連携を 容易にする表データの取り込みや書き出し機能、他 CAD とのやりとりで必要な DXF/DWG 変換、PDF 変換、3 次元 CAD(SOLIDWORKS、SpaceClaim)との連携ツールなど、数多くの機能をご提供し、MICRO CADAM を取り巻く環境を強力に バックアップしています。

セキュリティー機能

データのやり取りの際に発生するセキュリティー・リスク に備えて「図面流出防止機能」や万一の流出に備える「セキュリティー・コード機能」などで大切な図面資産のセキュリティーを強化できます。セキュリティー対策や管理コスト削減、事業継続計画(BCP)などを視野に入れたプライベート・クラウドでの運用にも対応できます。

不用意な流出を防止する (図面流出防止機能)

図面の流出を防止するため、利用できる資源を抑制する機能です。これまでもプリビリッジ機能によって、ユーザーIDごとに図面への不正アクセスを防止できましたが、さらに機能を強化し、盗難や過失による大量の図面資産の流出を未然に防ぎます。

万一の流出に備える (セキュリティー・コード機能)

図面に暗号化されたコードを埋め込むことによって、不正アクセスやデータの改ざんを防ぐ機能です。この暗号化されたコードを「セキュリティー・コード」とい います。 従来のパスワード機能に類似していますが、一般利用者が各自で設定する図面のパスワードとは異なり、セキュリティー・コードは運用管理者のみが認知するよ う運用することによって、より強固なセキュリティー環境が構築できます。

常に新しいIT技術に対応

運用・管理コスト(TCO)削減のために、数多くの企業がシンクライアントの導入を進めています。 MCHS サービスでは、代表的なシンクライアントであるリモートデスクトップサービス に対応。リモートデスクトップサービス上でMICRO CADAM を稼働させることで、管理・維持にかかるコストの削減や、メンテナンスにかかる手間を軽減できます。

【シンクライアントのシステム構成例】

【シンクライアントのシステム構成例】

新しいOSやハードウェアに対応

MCHS サービスではお客様の環境の変化にあわせ、新しいOSやハードウェアに順次対応していますので、今後の設計環境の変化における不安を抱いていただくことは ありません。拡張機能の追加や、改善などを実施したメンテナンス・モジュール(Maintenance code release:以降 MCR)を定期的にご提供しています。

また、取引先との図面の確認の際には、MICRO CADAM が導入されていない環境でも図面が参照可能なように、『HD XViewer』やiOS端末上で稼働するMICRO CADAM のモバイル版ビューワー『MC Helix Mobile Viewer』※などのビューイング・ツールなどもご用意しています。

※『MC Helix Mobile Viewer』は、iOS端末に格納された図面や、MICRO CADAM Helix Server で管理しているMICRO CADAMの図面を呼び出して表示できます。App Storeより無償でダウンロードできます。

 

MICRO CADAM を取り巻くデータ連携機能は、「MCH 支援サービス(MCHS サービス)」により、これからもますます充実していきます。

MCH支援サービスの種類

基本サービスと運用ユーティリティー支援サービス

「MCH支援サービス(MCHSサービス)」には、「基本サービス」と「運用ユーティリティー支援サービス」があります。

MCH支援サービスでは、基本サービスとして、IT環境の変化に対応したモジュールの提供や、拡張機能の追加・改善などを実施したメンテナンス・モジュール(Maintenance code release:MCR)を定期的にご提供しています。

また、基本サービスに加えて、オプションのサービス契約として、運用ユーティリティー支援サービスをご提供しています。

PDM 連携支援や、他CAD との連携に活躍するツール群「HD Tools」など、ご予算に応じてご希望のサービス契約をお選びください。

 

基本サービス

「基本サービス」では以下のサービスが受けられます。サービスの提供は、主に専用サポート・サイトを通じて行われます。

  • 新OS対応情報、技術情報(FAQなど)の提供
  • メンテナンス・モジュールの提供
  • Q&A サービス
  • 障害修正情報の提供

基本サービスには、「クライアント契約」と「サーバー契約」があります。基本サービスにご加入のお客様は、保有の製品版ライセンスの本数を超えない数で、サービスを受けることができます。 クライアント契約、サーバー契約とも、V3以降のいずれのバージョンでもサービスをお受けいただけます。
※ただし、保有ライセンスのバージョンのみのサービスとなります。

運用ユーティリティー支援サービス(オプション契約)

「基本サービス」のご契約を前提に、オプション・サービスとして、以下の運用ユーティリティーをご契約いただけます。

HD Tools

HD DXTran (DXF、DWG ファイル変換)、HD SXTran (SXF ファイル変換)、HD PDFTran (PDF ファイル変換)などの他CAD 連携ユーティリティーをご利用いただけます。

HD XViewer

MICRO CADAM 図面の新ビューワーとしてご利用いただけます。

ご不明な点等ございましたら、

MICRO CADAM関連製品取扱パートナー

もしくは下記MICRO CADAMカスタマーセンターまで問い合わせください。

 MICRO CADAMカスタマーセンター