ロッキングコード取得ツール

モジュール導入前ならば、ロッキング・コード取得ツールをご利用ください。

ライセンス・パスワードの申請には、ライセンスを使用するコンピューターのユニークな番号が必要です。このユニークな番号を「ロッキング・コード」と呼びます。

MCHSサービスにご加入後、まだサービス対象モジュールを対象コンピューターに1つも導入されていない方は、ロッキング・コード取得ツールにてロッキング・コードを取得してください。

手順は、モジュールを導入するコンピューター、またはライセンス・サーバーのオペレーティング・システム(OS)により異なりますので、該当コンピューターの環境にしたがってお読みください。

ロッキング・コードは、20桁もしくは8桁の英数字で構成されています。

  • Windows : “* (アスタリスク)”を含め20桁の英数字(区切り文字の“- (ハイフン)”を除く)
  • AIX : 0~9/A~F の8桁の英数字
  • Solaris : 0~9/a~f の8桁の英数字

【Windowsの場合】

rmstarget.zip(534KB)

  1. 上記の実行プログラム(rmstarget.zip)をダウンロード
  2. マウスの右ボタンで[保存]ボタンをクリックし、任意のフォルダに保存
  3. zipファイルをご使用になるコンピューターの任意のフォルダ(例:d:MCADAM)に展開
  4. Windowsエクスプローラーまたはコマンドプロンプトを起動
  5. 4.のフォルダに移動し、ファイルを実行、または下記のコマンドを実行
    d:MCADAM> rmstarget
    ⇒現行のフォルダにテキスト・ファイルが作成されます。

※テキスト・ファイルには、ロッキング・コードを含め、申請に必要な情報が書き込まれています。
テキスト・ファイル名は自動で命名されます。すでにファイルが存在する場合は、上書きするか否かを問い合わせてきます。対話操作なしで実行させる場合は、「-f」または「-F」オプションを指定します。この場合、既存ファイルがあれば、無条件で上書きされます。 [例] d:MCADAM> rmstarget -f

【AIXの場合】

rmstarget.tar (3.23MB)

  1. 上記の実行プログラム(rmstarget.tar)をダウンロード
  2. マウスの右ボタンで[保存]ボタンをクリックし、任意のフォルダに保存
  3. tarファイルをご使用になるコンピューターの任意のフォルダに展開
  4. コマンドプロンプトを起動
  5. 4.のフォルダに移動し、下記のコマンドを実行
    # ./rmstarget
    ⇒現行のフォルダにテキスト・ファイルが作成されます。

※テキスト・ファイルには、ロッキング・コードを含め、申請に必要な情報が書き込まれています。
テキスト・ファイル名は自動で命名されます。すでにファイルが存在する場合は、上書きするか否かを問い合わせてきます。
問い合わせなしで実行させる場合は、「-f」または「-F」オプションを指定します。この場合、既存ファイルがあれば、無条件で上書きされます。[例] # ./rmstarget -f

【Solarisの場合】

システムの「hostid」コマンドを使って、IDPROMの値を表示します。

  1. コマンドプロンプトを起動
  2. 下記のコマンドを実行
    # hostid
    ⇒画面に表示されるID PROM値がロッキング・コードになります。
    「> (大なり)」を付けて、ロッキング・コードを任意のテキスト・ファイルに出力します。
    (例) # hostid > lockcode.txt

※lockcode.txt(任意のファイル名)にロッキング・コードが書き込まれます。