ライセンス・パスワードについて

ご契約後、MICRO CADAM関連モジュールを利用するために必要な「ライセンス・パスワード」を発行いたします。
「ライセンス・パスワード」とは、ご契約いただいたソフトウェア・モジュールの種類や、利用期限、ご使用端末のロッキング・コード等が記載されたライセンス・キーです。
ご注文時にライセンス・パスワードを申請してください。(ご担当の販売店様より「ライセンス・パスワード申請書」をご入手ください) このとき、お客様がご利用になる各端末用を特定するためのロッキング・コードが必要となります。

ロッキング・コードの情報を取得するには?

Windows/AIXの場合: MCHSサービスで提供するモジュール※をインストールすると、「RMS環境設定ユーティリティー」が自動的に導入され、このモジュールを使うとロッキング・コードを取得できます。次の手順で、ロッキング・コードの確認とテキスト・ファイルを作成します。
※MICRO CADAM Helix 2013 以降のモジュールをご利用ください。

  1. スタート・メニューまたはフロントパネルから「MICRO CADAM Helix」→「RMS環境設定ユーティリティー」を起動
  2. メニュー・バー【ファイル(F)】→【エクスポート(E)】→【ロッキングコード(L)…】を選択
  3. テキスト・ファイルを任意のフォルダに保存
    テキスト・ファイルを保存するフォルダは任意です。テキスト・ファイル名は変更できますが、変更せず保存することをお勧めします。

ライセンス・パスワードの登録

各端末用のライセンス・パスワードは、ロッキング・コードを元に作成され、「ライセンス・パスワード申請書」の指定された方宛に、e-メールに添付してお送りしています。

【例】

【重要】:MICRO CADAM新規ライセンス [ご契約者様(社)名]様用([契約書番号R2xxxxxx] )

xxx株式会社 xxxx様

・・・・(略)・・・・

下記の契約での「ライセンス・パッケージ・ファイル(契約番号.mll)」を送付いたします。
ライセンスを下記の方法で登録してください。

・・・・(略)・・・・

契約会社名: 株式会社xxxx

確認書番号/契約番号: R2xxxxxx

サービス満了日: yyyy年mm月dd日

・・・・(略)・・・・・

詳しくは「ライセンス・パスワードの登録」をご覧ください。
ライセンス・パスワードの登録手順はe-メール内にも記載されています。

Q.「ロッキングコード」とは?

A.ライセンス・パスワードの申請には、ライセンスを使用するコンピューターのユニークな番号が必要です。このユニークな番号を「ロッキング・コード」と呼びます。ロッキング・コードは、20桁もしくは8桁の英数字で構成されています。

  • Windows : “* (アスタリスク)”を含め20桁の英数字(区切り文字の“- (ハイフン)”を除く)
  • AIX : 0~9/A~F の8桁の英数字
  • Solaris : 0~9/a~f の8桁の英数字

Q. 初めての契約です。まだモジュールをインストールしていないのですが、ロッキング・コードはどうやって取得するのですか?

A.お客様が、MCHSサービスご契約後またはALC注文後、まだ一度もサービス対象モジュールを該当端末にインストールしていない場合、RMS環境設定ユーティリティーの代わりに、ロッキング・コード取得ツールを使ってロッキング・コードが取得できます。申請の確認後、弊社よりe-メールにてライセンス・パスワードを交付します。